マイチョコおすすめは?バレンタインには自分へご褒美チョコを贈ろう!

季節の行事

バレンタインの季節が近づいてきていますね。

自分へのご褒美チョコ「自分(マイ)チョコ」、男性が自分に買う「俺チョコ」、お世話になってる人へ「世話チョコ」、職場で配る「職場チョコ」、男性から女性に贈る「逆チョコ」。

本命チョコや義理チョコ、友チョコ以外にも、たくさんのチョコが買われているんですね。

今回は自分に買う「自分(マイ)チョコ」を予算別でご紹介します。

1000円以下で癒しの時間を

自分チョコでも、ちゃんとリボンがかかっていたら、それだけでもなんだか嬉しくなりますよね。

モロゾフのアミティエシリーズ「グッドラックパープル」は、2段式のキューブボックスに7種類のチョコレートが詰まっています。

天使の羽のチョコレートは、「幸運・飛躍」の思いが込められたラッキーモチーフ。

アミティエシリーズは7種類あり、「サンクスブルー」「ハピネスグリーン」「ドリームイエロー」「リスペクトブラウン」「サクセスピンク」「ラブリーレッド」それぞれラッキーモチーフが違うので、お好きな色を選んでくださいね。

頑張る自分を応援する、自分チョコにぴったりのチョコレートです。

2000円で自分にご褒美

2014年から楽天グルメ大賞を4年連続で受賞した、横浜バニラビーンズの、人気のロングセラー商品です。

生チョコをチョココーティングしてこだわりバタークッキーで挟んだ「ショーコラ」と、生チョコとクラシックショコラをクーベルチュールチョコで包んだ「パリトロ」のセットです。

4個入りですが、1個がしっかり大きいので、食べ応えあります。お酒が入っているので、アルコールが苦手な方には食べにくいかもしれません。

一度食べたら繰り返し食べたくなるおいしさのチョコで、至福の時間を堪能してくださいね。

※8個入りもありますよ。

3000円で新感覚を味わう

和と洋をコラボした新感覚スイーツ「しょこらずき」、濃厚なチョコの中にこしあんを練りこませて、北海道特産の粒あんを包んだ、和風のチョコテリーヌ。

チョコとあんこって、甘さがくどくなりそうですが、しっとり上品な甘さで、幅広い年齢層から支持されています。

杉の箱に入っていて、自分チョコとしては高級感抜群、ご褒美チョコとしては最高です。

冷蔵庫で冷やして、口の中でチョコがとろける感覚を味わったら、残りはレンジで少し温めて、フォンダンショコラ風にして、楽しんでくださいね。

4000円見た目で癒されたい

食べるのをためらってしまう、とってもおしゃれなハンドバッグのチョコレート。

ベルギーチョコレートで、ミルクチョコ、ホワイトチョコ、スイートチョコの3種類を味わえます。

写真に残しておきたくなるような 見た目の可愛さを楽しんで、毎日1つ1つゆっくり味わって食べてくださいね。

5000円で贅沢を楽しむ!

知る人ぞ知る、神戸フランツの「魔法の生チョコザッハトルテ」。

最高級チョコレートをたっぷりと生地に練りこんで、低温でじっくり焼き上げたスポンジに、グラサージュショコラでコーティング。

甘すぎず、濃厚で、後を引くおいしさにやみつきになる人続出のザッハです。これをゆっくりいただくなんて、また1年頑張れる気がしますね。

レビューでは、1日ほど冷蔵庫で解凍してから切りわけると、キレイに切れるようです。電子レンジで20秒ほど温めて、とろ~りとけたのをいただくのもおいしそうです。

レビューの数も5000件以上という、ファンが多いザッハトルテ、大人のチョコケーキを贅沢にいただくのもおすすめです。

さいごに

自分チョコは、本命チョコレートを渡す前に味見、というのもアリですね。

毎日頑張る自分へのご褒美チョコ、じっくり味わって癒しの時間を満喫してくださいね。

コメント