雛人形コンパクトで玄関にも飾れる【2019】シンプルなおすすめ5選

季節の行事

だんだん春めいて、梅が咲き始めると、桃の節句がもうすぐですね。

私と妹は、ひな人形を買ってもらえませんでした。家が狭いので、ひな人形を飾ったら寝る場所がなくなるから、という理由でした。

子供心に納得していたんですが、毎年お雛様を飾るワカメちゃんがうらやましく思ったものです。

今は小さくてかわいらしいお雛様がたくさんありますよね。大きくて場所をとるお雛様は、敬遠されつつあるようです。

今回はコンパクトに飾れる、小さなお雛様をご紹介します。

宝箱に入ったお雛さま

とっても珍しい、ピンクのかわいらしい宝箱に入ったお雛様。前面の引き出しにお道具を収納できるようになっています。

お雛様のお顔は、あどけなさが残る子供のような、幼さを秘めた木目込のひな人形。

宝箱を開けたサイズは、幅約48.5×奥行約30.5×高さ約49cm、ふたを開けて飾り、パタンとふたを閉めてしまえる、宝物がいっぱい詰まった宝箱の発想って素敵ですよね。

ピンクのほかに、大人の雰囲気を感じさせるブラックもあります。

そこだけが春めいて温かく感じるような、すてきなお雛様ですね。

円形ケースのお雛様

円形のケースの中で、桜刺繍を背景に、京都西陣織の色あざやかな衣装を身につけた、美男美女のお雛様が座っています。

上段左右の創作灯が灯もると、一段とあでやかさを増して、ため息が出ちゃいます。 黒くて細部までこだわった高級感あるお道具が、見る人を楽しませてくれますね。

サイズは 幅約46×奥行約29×高さ約47cm、 強化アクリルケースなので、猫がいても安心、と口コミにも書かれていました。

・・・猫がいると、雛人形選びって大変なんですね。

つるし飾り台わらべ10人飾り

光沢のある朱赤の棚に、ちりめんの優しいお顔をもつ10人揃いのお雛様。左右のつるし飾りが、あでやかさ、豪華さを強調してくれます。

お顔や衣装がそれぞれ違って、ほのぼのとしたかわいらしさにとっても癒されます。

サイズは 幅約36×奥行約18×高さ約47.5cm 、コンパクトの飾れるのに見栄えがする段飾りです。

木製のお雛さま

プーカの木製のお雛さまは、パステルカラーで木の温かみを帯びた、子供と積み木感覚で遊びながら飾れるひな人形。

お殿さまとお雛さま、三人官女、お道具、手織り屏風、桜橘が揃い、飾り棚は飾る場所に合わせて組み替えて、奥行きを変更できように配慮されています。

三段飾りにしたときのサイズは 幅29.7×奥行17×高さ20.5cm。 収納も化粧箱の決まった窪に入れていくだけなので、小さなお子様でもお片付けできますね。

気軽に子供に触らせることができて、コンパクトに飾って収納できるところが人気のお雛さまです。

ちりめん細工のお雛さま

ちりめんひな人形では定評のあるリュウコドウの、やさしいお顔のひな人形。

ちりめん布の質感や、細部にこだわったわらべひな人形は、幅広い年代から支持を集めています。

サイズは 幅約45×奥行約23.5×高さ約13.5cm 、台座にお雛様、三人官女、五人囃子、畳敷き、ぼんぼり、お道具、桜橘、屏風がセットになっています。

名前入りの立て札が付いているので、初節句を迎える女の子のお祝いに、選ばれている商品です。

800件を超える口コミがあり、評価は5段階で4.8と、高評価。小さくても本格派で、かわいらしいと評判です。

さいごに

女の子の成長を祝うひな祭り。時代とともに5段、7段などの大きなひな人形は敬遠されるようになり、コンパクトなお雛様が中心になりつつあります。

親から子へ代々受け継ぐものだったひな人形は、しまうのが大変で飾らなくなったり、実家に置きっぱなしだったり。

どんなお雛さまでも。子供の成長を願う気持ちは変わらないですよね。

なので、お子さんが喜ぶお雛さまを、選んであげてくださいね。

コメント