マスク収納ケース、玄関先に置いてもおしゃれで使いやすいのはコレ

インテリア・雑貨

冬のインフルエンザのシーズン、春の花粉のシーズンにはマスクが手放せないですよね。

ところで、みなさんはマスクの収納ってどうしていますか?
使い捨てマスクを箱ごと置いておくのは、なんだか所帯じみてるし、できることならおしゃれに収納して、玄関先に置いておきたいって思いませんか?

玄関にスタンバイしておけば、マスクをうっかり忘れて、また靴を脱いでリビングまで取りに戻る、なんてこともなくなります。

今回はマスク収納ケースの中で、特に人気のあるこちらの商品をご紹介します。

ideaco(イデアコ)マスクディスペンサー 60

人気の秘密は?

なんといっても、そのデザイン性の高いおしゃれ感。玄関でも、リビングでも、洗面所でも、違和感なく空間になじみます。

ケースの下の隙間からマスクを1枚ずつ、手前に引くだけでティッシュペーパーのように取り出せます。(個包装のものでも問題ありません。)

一度にマスクを60枚入れることができます。2人で1か月分が入る大きさです。
マスクのひもを上にして、収納してくださいね。

本体は、やや丸みのあるフォルムで、カラーは4色、ホワイト、ブラック、グレー、ライトブルー、ふたは木調MDFです。

立体マスクには使用できないので、注意してくださいね。

口コミの評判は?

シンプルでおしゃれ

  • 玄関先に堂々と置いても、マスク収納ケースに見えません。
  • 思っていたより大きいけれど、シンプルなので邪魔になりません。
  • リビングに置いても、インテリアになじんでいます。
  • どこに置いてもスタイリッシュで、使いやすいです。

衛生的

  • フタの開け閉めなどの手間がなく、ホコリが入らないので大満足です。
  • 大容量の収納で1枚ずつの取り出しは、ホコリが入る心配がありません。

取り出しやすい

  • ワイヤー入りマスクも簡単に取り出せます。
  • ケース下に滑り止めが付いているので、安定感があり、片手で取り出せます

セミマットなカラー

  • ホワイトは真っ白ではなくちょっとアイボリーっぽいです。
  • フタの木目はプリント仕上げなので、色が写真より濃い色目でした。
  • 北欧っぽいデザインとカラーなのが、お気に入りです。

たくさんの人が、マスクの収納に「どうにかしたい」と思いつつ、マスクの箱ごと置いてあったようです。
見た目や使いやすさに「満足です!」という口コミが多いですね。

まとめ

Ideaco(イデアコ)のマスクディスペンサー60は、大容量の収納と、マスク収納ケースとわからないおしゃれ感で、マスクの季節には絶対に欲しいアイテムです。

日常的に使うマスクの定位置を、作ってあげてはいかかでしょうか?

コメント