柿の葉茶の味と効能は?ビタミンC豊富で美肌に効果的おすすめと口コミ

食品

鏡を見ると、小さな、だけど確実な変化を発見して、がっかりすることってありませんか?

年をとるとともに、体の中の成分が減少し、身体や肌の防衛力・再生力・免疫力が衰えてきます。悲しいけど、現実ですよね・・・。

美肌にいい美容成分はコラーゲン、セラミド、プラセンタ、ビタミンCなどたくさんあるけれど、あれもこれも食べなきゃいけない、なんてとてもムリ。

今回は、肌の状態を健康に保つために必要な美容成分ビタミンCを、効率的に摂れる柿の葉茶をご紹介します。

柿の葉茶の効能は?

柿の葉茶は、柿の若葉を採集して乾燥(陰干し)させた後、刻んで蒸して、完全に乾燥(陰干し)させたお茶です。ビタミンCをたっぷり含み、レモンの6~8倍、緑茶の20倍もあるんだとか。

ビタミンCはシミ、くすみ、毛穴のたるみ、ニキビなど肌悩みを改善してくれる、スーパー美容成分。一般的に美白の効果が高いのは良く知られていますよね。

メラニンの増殖を抑え、できてしまったシミのメラニンを改善する作用があります。肌の酸化を抑制し、肌の組織そのものを強くしてくれるんです。

けれども、人間にはビタミンCを体内で作り出すことも、体内に長時間ためておくこともできないんです。毎日こまめに摂取するしかないんです。

柿の葉茶にはプロビタミンCが多く含まれています。プロビタミンCとは、体内でビタミンCに変わる物質で、熱や水に弱いビタミンCと違って、体内にしっかりとビタミンCを届けてくれるんです。

また、柿の葉茶には健康な体を維持するミネラル(カルシウム、カリウム、マグネシウム、タンニンなど)も含まれています。

さらに、ポリフェノールを含み、ノンカフェインなので、妊婦さんも安心して飲むことができます。最近ではアレルギー症状を緩和する効果もあると、花粉症の時期になると話題に上がることも増えてきています。

柿の葉茶の味は?

柿の葉茶の味は、クセがない(苦みや独特の味はない)、まろやかでほんのり甘みがある、飲みやすいお茶です。苦みのある濃い緑茶が好きな方には、物足りない味かもしれません。

私はルイボスティーやウーロン茶は飲みにくいと思うのですが、柿の葉茶は後味も残らず、冷たくても温かくてものど越しがいいので、1年中飲んでいます。作った柿の葉茶は24時間以内であれば、ビタミンCはほとんど壊れないそうです。

生化学研究所の柿茶1L用4g36包入り(4g96包もあります)

そんな柿の葉のお茶、できれば国産の無農薬のお茶を選んでください。このお茶は西式健康法で紹介された、こだわりの製法で作られている柿の葉茶です。生化学研究所の柿茶も元祖西式と呼ばれていて、昭和26年から当時の製法で作られています。

どちらも無添加・無農薬で、ビタミンCが豊富に含まれています。ジップロック付きの真空アルミ包装のパッケージなので、酸化や湿気を防いで、そのまま保管できるので便利ですよ。飲み比べてお好みを見つけてくださいね。

生化学研究所の柿茶ペットボトルもあります。割高ですが、手間もなく、手軽に飲めるので、こちらも人気があります。

さいごに

私は乾燥による大人ニキビにずっと悩んできましたが、柿の葉茶を飲むようになってからは、たまにポツっとできるくらいで、気にならなくなりました。

いろいろ化粧品を試したのに、柿の葉茶で改善されるなんて、やっぱり体の中からのケアが大切なんだなって実感しています。

柿の葉茶を毎日の習慣にして、効率よく健康と美肌になりましょう~。

コメント