お椀で食べるカップヌードル3食パックの口コミは?面白CMで話題に

食品

お椀で食べるカップヌードルのCM見たことありますか? 

年配の夫婦が食事中で、ご主人が「なんかもう1品ない?なんでもいいから」と言うと、奥さんが「ナンならあるけど」って本格的に焼いたナンをテーブルに置くんです。

「ナンはちょっと・・・」「ナンでもいいんでしょ」このときのご主人の悲壮感漂う表情が、ニヤリと笑えます。で、「もう1品にちょうどいい」とお椀で食べるカップヌードルが登場するんです。

なんともシュールなやり取りの後に、”ためしに買ってください”ってストレートにお願いされちゃうCMです。このCMの成果なのか?お椀で食べるシリーズは、好調に売り上げを伸ばしています。

もともと、カップヌードルは若者層以外には抵抗感があって、カップヌードルを食卓に出すくらいなら、コンビニ弁当の方がマシってくらい、手抜きの罪悪感がハンパないんですよね。

そんな思いを払拭すべく、発売されたのが日清食品の「お椀で食べるカップヌードル」シリーズ、今回はこちらをご紹介します。

お椀で食べるカップヌードルとは?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

日清食品 お椀で食べるカップヌードル 3P
価格:228円(税込、送料別) (2018/11/25時点)

楽天で購入


カップヌードル自体は既存の商品なのに、ちょっと工夫を加えるだけで人気が出るって面白いですよね。

インスタントみそ汁同様、別々に入っている麺と具材をお椀に入れて、お湯入れて、フタなしで3分待つだけの手軽さです。麺の量は28gで通常のインスタントラーメンの半分以下、お椀にちょうど収まるミニサイズです。

しかもカップヌードルは約300カロリーあるのに対して、こちらは147カロリーと低カロリー。夜食やちょっと小腹がすいたときなどにも食べられて、おかずの足しに食卓に出せば、立派な1品に変身しちゃいます。

カップヌードル:ペッパーをきかせたコクのあるしょうゆ味。具材は味付豚肉、味付ミンチ、エビ、ネギ、たまご。

チキンラーメン:ローストしょうゆベースの元祖鶏ガラスープ。具材は花形かまぼこ、かきたま、ネギ。

どん兵衛:ゆずの香りがきいたお吸い物仕立てのうどん。具材は花形かまぼこ、きざみあげ、ネギ。

出前一丁しょう油:ごまラー油が香る、コクのあるしょう油スープ。具材はたまご、なると、ネギ。

出前一丁味噌:ごまラー油が香る、コクのある赤みそスープ、具材はコーン、にんじん、ネギ。

すべて1袋3食入りで、税込み246円。発売当初は普通のカップヌードルと「チキンラーメン」だけでしたが、その後「どん兵衛」「出前一丁」と種類が増えてきて、まだまだこれからも種類が増えるかもしれませんね。

お椀で食べるカップヌードルの口コミ

  • 普通においしいです!
  • 職場でランチタイムにおにぎりと一緒に食べています。
  • 味が濃い目なので、お湯を多めにしてスープ感覚で食べています。
  • ちょうどいい量で、ゴミが少ない
  • お椀を使うと麺の上までお湯に浸からないので、麺に芯が残ることがあるので、2分くらいでひっくり返す必要があります。

概ね好評ですが、男性には「少ない」という声が多かったです。他に食べるものがあって、もう1品欲しい時(CMのような状況)ならいいのかもしれませんね。

料理が不要で簡単に食べられるカップヌードル。「お椀で食べるシリーズ」が、独身や若者が食べるものというイメージを覆えして、夕食のおかずの1品として普及していくのか、この先が楽しみです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

日清食品 お椀で食べるカップヌードル 3P
価格:228円(税込、送料別) (2018/11/25時点)

楽天で購入


コメント