通勤リュック女性におすすめの人気ブランドは?PCやお弁当も入る?

ファッション

最近、通勤にリュックを使う方が増えていますね。

自転車で通勤する、1駅ウォーキングして会社に行く、 仕事帰りにジムに通う、 など健康に気を遣うレディースたちに、リュックは大人気。

今回は、通勤におすすめのリュックをご紹介します。

PORTER GIRLのリュック

吉田カバンのPORTER GIRL(ポーターガール)は、2006年にできた女性向けのシリーズです。その中の「URBAN(アーバン)」は大人女子に向けたタウンカジュアルシリーズで、サイズバランスにこだわり、どんな服装にも合わせやすい機能的リュックです。

ジャケットなどの素材に近いコットンと、ポリエステルの混合糸で織った生地で、手触りがソフトなのに防水性・速乾性・耐久性がある高機能素材で作られています。

背中側の大きいポケットには芯材が入っていて、11インチのノートPC・iPadが収納可能。メイン収納部と背面の間にあるファスナーポケットには13インチのノートPCの持ち運びが可能。どちらでもノートPCが入れられるのは、嬉しいポイントですね。

カラーは落ち着いたトーンのグレーとネイビーで、サイズはSとLがあります。

Sサイズ:560g、9L、 横24×縦41×マチ10cm
Lサイズ:730g、12L、 横26×縦44×マチ13.5cm

PORTER GIRLの口コミ

  • パンツにもスカートにも合わせやすく、カジュアルすぎずシンプルで大人っぽいです。
  • 幅が狭いお弁当箱なら、入れることができます。
  • 撥水効果が高く、少しの雨なら問題ありませんでした。
  • 作りがしっかりしていて、荷物が少なくても型崩れせず、荷物が多くても、すんなり入っちゃいます。
  • メインのファスナーは、被せの下にあり開閉しにくい感がありますが、防犯対策になっていると思います。

ARC’TERYX(アークテリクス)のリュック

ARC’TERYXはカナダのメーカーで、爬虫類で初めて飛ぶための羽をもった始祖鳥(の化石)がトレードマークになっています。

「ブレード20」は用途重視のデザイン、取り出しやすさと効率よく整理収納できる機能が備わっています。ハマグリのように横からパカっと全開することができるので、見やすくてお弁当も入れることができる大容量です。

横から出し入れするタイプで、専用のパッド入りポケットには15インチまでのノートPCを収容可能、内側にはタブレットPC用スリーブコンパートメント、キークリップ付きセキュリティポケット、伸縮メッシュポケットはスマホを保護する構造になっています。

ダンプポケットにはケーブルや電源コードを収納、充電用ケーブルのパススルー付きで、デバイスの充電も可能。ジャケットや折りたたみ傘も入っちゃいます。

高密度クッションのついたストラップで、長時間背負っても快適、大容量なのにスリムな形状は、自転車移動でも問題なしですね。

普段の荷物が少ないなら、コンパクトな「ブレード6( 900g、6L)」がおすすめです。15インチのノートPCを持ち歩くことができます。

ブレード20:1.24Kg、20L、横34×縦47×マチ19cm

ARC’TERYXリュックの口コミ

  • 軽量なのに丈夫で、しっかりPCを守ってくれます。
  • 1~2泊の荷物なら十分入ります。
  • シンプルなデザインで、街中であまり被らないのがいいです。
  • リュックを横向きにして、サイドのハンドルで片手持ちができるので、就職活動の時に使っていました。
  • 防滴加工されているのか、少しの雨なら問題ありません。

INDEEDのリュック

イタリアの高密度リモンタナイロンと牛ヌメ革を組み合わせた、撥水性が高く摩擦に強い、超軽量な「アーリア」シリーズのリュックです。革の部分は使用するたびに艶が出るので、経年変化が楽しみですね。

背中部分には厚手のスポンジが入っていて、型崩れを防いでボディに優しくフィット、バランスがいいので安定感があります。

サイズが小さめにみえますが、A4 サイズが収納可。仕事帰りのジム通い、休日のトレッキングなどにも対応できちゃう収納力。ただPC用のポケットはありません。

背胴側のポケットには長財布も余裕で入る大きさで、防犯的にも安心。表面は撥水効果、裏側がポリウレタンコーティングで、内側に水分が侵入する心配がないのがいいですね。

カラーは5色(ブラック・ネイビーXダークブラウン・グレー・レッド・ネイビーXキャメル)から選べます。

アーリア:530g、横26×縦33×マチ11cm

INDEEDのリュックの口コミ

  • お弁当やほかの荷物を入れても、コンパクトに収納できます。
  • 作りがしっかりしていて、さすが日本製って感じです。
  • カジュアルすぎなくて、大人の雰囲気が素敵です。
  • ポケットや仕切りがあって、少し走っても、中がごちゃごちゃになりません。
  • 厚みがないので、人混みの中でも邪魔になりません。

RAINS(レインズ)のリュック

2年間降水日数121日というデンマークで2012年に設立された、レインウェアブランド「RAINS(レインズ)」、雨の日でもファッショナブルに使えるスタイリッシュで機能的なレインウェアを作っています。

バックパックミニは水をはじく機能性と、ファッション性の高い北欧デザインで人気が出ています。

ポリウレタン加工の素材に、シンプルなスクウェア型のフォルムは、 A4サイズが入る大きさ。シンプルだけどファッション性に優れています。

内側に大きなオープンポケットと13インチのPCがすんなり入るファスナーポケット、背面にはスマホなどが入る便利なファスナーポケットが付いています。

カラーは7色、色合いがとてもきれいなので、ビビットなカラーを選んでも素敵かもしれませんね。

バックパックミニ:680g、10L、横28×縦40×マチ9cm

バックパックミニの口コミ

  • 激しい雨でもカバンの濡れを気にしなくて平気。防水性はすごいです。
  • マチがあまりないので、お弁当は入りません。ムリに入れるとぱんぱんになって見た目が悪くなります。
  • 雨の日でも安心してパソコンが持ち歩けるのは魅力的です。
  • すっきりしたシルエットがかっこいいです。
  • 作りがしっかりしていて、カラーがおしゃれです。

ACE(エース)のカナナプロジェクトリュック

すっきり縦型の、オン・オフ兼用のカナナリュック。

A4サイズの書類がすっきり入る大きさで、PC収納スペースはクッション素材で衝撃を和らげます。リュックとしても、リュックベルトを収納して手提げカバンとしても使えます。

背面ポケットには貴重品を入れるのがおすすめですが、お財布が背中に当たって不快にならないように、クッション素材で背中をガード。サイドポケットには折りたたみ傘やペットボトルサイズのポケットが付いています。

小物収納に便利なポケットもたくさん付いていて、収納力抜群のリュックですが、リュックストラップを収納できたり、ポケットが多いので、お弁当は大きさにより入るかな?という感じです。

カラーは4色(ブラック・ベージュ・ネイビー・オレンジ)、旅のお守りカナナ(白いふわふわ)が付いています。ワンポイントになってかわいいですね。

カナナリュック:680g、10L、横30×縦33×マチ11cm

カナナリュックの口コミ

  • パソコンを入れて背負っても、重たくなく疲れにくいです。
  • パソコンは13.3インチがぎりぎり入る大きさです。
  • 小ぶりで厚みがなくコンパクトなので、人混みでも邪魔になりません。
  • スーツケースにセットアップできるので、海外出張にも持っていけます。

さいごに

通勤におすすめのリュックをご紹介しました。どれも素敵で、選ぶのに悩んでしまいます。

周りから注目を集める、素敵なリュックを選んでくださいね。

通学に便利なリュックの記事もよかったら見てくださいね。