シロカおりょうりケトル「ちょいなべ」は機能的?発売が待ち遠しい~!

家電

今回は2019年2月9日発売予定の、おりょうりケトル「ちょいなべ」をご紹介します。

開発に1年半くらいかかったそうで、今までにない斬新なシロカのキッチン家電です。

シロカ(siroca)はスペックやデザインにこだわった、他の家電メーカーとは一線を引くメーカー。

伊賀焼の自動炊飯専用土鍋「かまどさん電気」を販売し、大ヒットを納めたメーカーだといえば、わかる方も多いのではないでしょうか。

この「ちょいなべ」も、話題になりそうな予感がします。

販売前なので、口コミなどはまだありませんが、どんなものなのか調べてみました。

ちょいなべの特徴は?

お湯を沸かすケトルの、上の部分を平形の鍋にして、ちょっとした飲み物もお料理もできちゃうようになっています。

下の台座部分にヒーターがあり、温度も40度、60度、80度、100度とスライドスイッチで調整が可能。ケトルの容量は1L、コーヒー1杯分のお湯なら約1分で沸かせます。

お茶や紅茶など温度にこだわって淹れることができるし、赤ちゃんのミルク用のお湯も、人肌の熱燗だってお手のもの。

インスタントラーメンを作って、そのまま鍋で食べてもサマになるし、チーズフォンデュだって手軽に作れちゃいます。

ケトル部分はにおいのつきにくいフッ素加工が施されたアルミ素材で、取り外しできて丸洗いが可能です。汚れても簡単に洗えるので、汚れを心配する必要はありませんね。

ロック機能付きのふた、マグネットプラグ、空炊きや切り忘れ防止(保温60分で自動停止)などの安全装置も付いています。

これがあれば、ひとり鍋だってできるし、レトルト食品の湯せんだってできるし、もちろんお湯も沸かせるので、特に一人暮らしのお兄さんやお姉さん、単身赴任中のお父さんたちから注目が集まること間違いなし!

ちょいなべで作るチーズフォンデュ

Youtubeで、「ちょいなべでできる簡単レシピ」として「チーズフォンデュ」が紹介されていました。とっても簡単で美味しそうなので、ご紹介しますね。

【材料】白ワイン・牛乳・チーズ・お好みの野菜・パンなど

  1. 白ワインを沸騰させて、アルコールを飛ばします。(ちょいなべ100℃で1分)
  2. 牛乳とチーズをドバーッと入れ、チーズが溶けるまで煮込みます。
  3. チーズが溶けたら焦げないように、60℃まで温度を下げます。
  4. お好みの野菜をチーズにくぐらせて、いただきます♪

チーズが残ったら、ご飯を入れてチーズリゾットにしちゃいましょう~。

  1. ちょいなべ温度を100℃にして、牛乳を入れます。
  2. チーズが溶けたら、水で洗ったご飯(炊いたご飯を水で洗っておく)を入れます。
  3. 黒こしょうを軽く振って、沸騰させます。
  4. ぐつぐつしてきたら保温(60℃)にして、パセリを散らして完成です。

とっても濃厚なチーズリゾットが完成しました。こんな風に簡単にお家でチーズフォンデュやチーズリゾットが楽しめちゃうなんて・・・ちょいなべ、すごいですね!

まとめ

ちょこっと料理に使える、便利な「ちょいなべ」、いかがでしょうか?

デザインもシンプルなので、テーブルの上に置いて、誰かに見せたくなっちゃうようなスタイリッシュなフォルムです。

販売されて、評価や口コミが確認できましたら、また追記します。ぜひ注目して待っててくださいね~。

コメント