マキタ新型充電式クリーナーはサイクロンアタッチメントでゴミ捨て簡単!

家電

マキタの充電式コードレスクリーナーにサイクロンアタッチメントが発売されて、より使い勝手がよくなりましたね。

今までの集塵方法は、紙パック式(ランニングコストがかかる:10枚で約700円)、ダストバッグ式(繰り返し洗って使う)、カプセル式の3種類でした。

カプセル式は簡単そうですが、実際に購入された方の口コミでは、静電気でゴミがカプセルに張り付いてうまくゴミが捨てられない、自分がほこりを吸ってしまう、などのデメリットがあるとのこと。

サイクロンアタッチメント付きでどれだけ使いやすくなるのか、調べてみました。ぜひご参考になさってくださいね。

CL108FDはサイクロンアタッチメント付き

CL108FDは、CL108FDSHW本体に別売りのサイクロンアタッチメント(A-67169)がセットになったものです。

サイクロンアタッチメントが付くと、

ゴミ捨てが簡単になる

吸引した空気を回転させて、細かなゴミを遠心分離。アタッチメント内にたまったゴミを簡単に捨てられます。

吸引力が持続

フィルターにゴミが詰まりにくくなるので、吸引力を持続させることができます。フィルターのお手入れ頻度も少なくなりますね。

CL108FDSHWの集塵方法は、カプセル式です。サイクロンアタッチメントの中にゴミが残るので、カプセルのごみ捨て頻度は少なくなり、フィルターも目詰まりしにくくなるんです。

取り付け方法は、とっても簡単。本体と延長パイプの間に取り付けるだけ、ダストケースはワンタッチ着脱です。

しかも、アタッチメント、メッシュフィルター、ダストケースは取り外して、ジャブジャブ水洗いOK。複雑な作りではないので、丸洗いでいつでも衛生に保つことができます。

サイクロンアタッチメント自体の重量は350g。掃除機本体の重量は約1Kgと軽量なので、腕が疲れるほどの重さにはならないのも嬉しいですね。

CL108FDSHWコードレスクリーナー本体

10.8Vのスライド式バッテリー(本体からバッテリーだけ外して、充電器にセットして充電します)、ワンタッチスイッチでON/OFFできるタイプです。

カプセル部をひねって外すだけ、簡単ゴミ捨てカプセル式です。大きいゴミ、小さいゴミを補集する2つのフィルターが付いていて、どちらも水洗いが可能です。

(フィルターは1枚入り(A-43963)、10枚入り(A-50728)で購入可能です。)

約22分の充電で、パワフル(30W):約10分、強(20W):約12分、標準(5W):約25分の連続運転が可能。1回の充電で、部屋の隅々までお掃除できますね。

ゴミのこぼれ落ち防止の「ゴミストッパー」や「バッテリー切れお知らせ機能」付、高輝度LED搭載で、押し入れや暗い場所もお掃除しやすいなど、今までの機種にはなかった便利な機能も付いています。

CL108FDSHWは、クリーナー本体・ノズル・隙間ノズル・ストレートパイプ・バッテリー・充電器のセットです。

※CL107FDSHWは、ほぼ同じ性能ですが、集塵方法が紙パック式になります。サイクロンアタッチメントの装着が可能です。よかったらこちらの記事も参考にしてくださいね。

A-67169サイクロンアタッチメント

サイクロンアタッチメントのみの購入も可能です。ゴミが目に見えるのが面白くて、掃除する頻度が多くなった、ゴミが丸まって捨てやすい、という口コミも多く見られました。

ゴミを集める紙パックやカプセルが、本体の中に収納されていると、ゴミがどのくらい溜まったのかわからないので、捨て時が分からないですよね。吸引力が落ちた時に交換するくらいでしょうか。

シンプルな構造で、掃除の達成感を味わえるので、すでに CL108(107)FDSHWをお持ちの方は、サイクロンアタッチメントを別購入して付けられる方も多いようです。

さいごに

サイクロンアタッチメントが付くことで、お掃除の回数が少なくなって、更に使い勝手がよくなったマキタのコードレス掃除機。

軽くて、ゴミ捨て簡単のお掃除で、毎日を快適に過ごしてくださいね。