ポケトークWはスマホアプリで語学学習もできる使いこなしたい翻訳機!

家電

外国人に、言いたいことが伝えられない時って、悔しい、もどかしいって思いませんか?

以前ブタペスト(ハンガリー)のカフェに入ったとき、ドリンク1杯1,500円くらい請求されたことがありました。「絶対にありえない」と思ったけど抗議できず、支払った経験があります。

京都で外国人に、「庭先に置いてある、水の入ったペットボトルって何?」って聞かれた時も、日本語では説明できるのに英語にできなくて、片言の英語で伝えようとしたけれど、外国人は肩をすくめて笑っていました。

ドラえもんの道具「ほんやくコンニャク」があればなぁ…って真剣に思いました。(自分の話す言葉が自動的に相手の話す言語に翻訳されちゃうコンニャクです。)

でもでも。「ポケトークW」これ、ほんやくコンニャクに近いものなんです。こんな夢の商品ができるなんて!

今回はポケトークWをご紹介します。

ポケトークWとは

PCソフト会社ソースネクストが販売している自動翻訳機です。

もともとはオランダ製の「Travis」を日本向けにローライズしたもので、世界109の国と地域で使え、74言語に対応しています。

スマホとスマホアプリでも自動翻訳は可能なんですが、スマホのバッテリーと処理速度の問題を解決するために、翻訳機だけが独立したって感じです。

本体の中で翻訳しているのではなく、本体はマイクとスピーカーが付いたデバイス(通信機)で、ネットにつないで、インターネット上の翻訳サービスを使って翻訳しているんです。

音声を認識し、クラウド上で瞬時に文字変換、翻訳をして、翻訳された音声で返すので、言葉が分からない外国人と会話ができる、手のひらサイズの翻訳機です。

購入するときに「グローバルSIM付き」「SIMな」が選択できます。SIM付きなら、月額利用料・通信費がかからず、2年間使い放題です。

2年後は、ポケトーク専用グローバルSIMを購入することになります。10,000円で2年間利用することができます。

街のWi-Fiスポットを利用する、自分のポケットWi-Fiを利用することも可能です。街のWi-Fiスポットを利用する場合は、毎回パスワード設定を入力をする必要があり、Wi-Fiスポットがないと使えない、ということになっちゃいます。

グローバルSIM付きなら、海外でも特別な契約なしで使えます。待機時間で約10日、連続使用で約7時間とバッテリーは十分の容量なので、海外で通信料金を気にしないで使いたいなら、SIM付きの方が面倒なくておすすめです。

ポケトークのスマホアプリ

2019年2月から、ポケトークと連携するアプリ「POCKETALK Link」は、ロゼッタストーンライブラリーを教材として利用しています。

ロゼッタストーンは24言語の語学プログラム、伝えたいことをその言語で考えて話す習慣を作るという語学習得メソッド。ポケトークでは13か国語のレッスンを無料で受けることができます。

ポケトークを購入するだけで、パソコン・スマホ・タブレットで「発音練習」「辞書機能」「リスニング」そして、ポケトークを使った履歴からレッスンができちゃうなんて、すごいですよね。

ポケトークがあれば、ポケトークなしで会話ができちゃうようになるかもしれませんね。

ポケトークWの長所・短所は?

ソースネクスト 公式ショップ

オフラインで使える(本体に翻訳ソフトが入っている)と、翻訳速度が速い、ネット環境に左右されない、などの利点があるのですが、何か国語も翻訳はできない、翻訳したい日本語テキストを入力する必要があるなどの難点もあります。

オンライン(SIM)では、携帯電話の回線を使った通信なので、電波の届かない(通話ができない)ところでは使用できません。

オフライン・オンライン使用は、一長一短あります。

重要なポイントは、両方向の翻訳ができるかです。

自分の言いたいことが翻訳できても、相手の言葉が理解できなければ、一方通行でコミュニケーションが成立しません。

ポケトークWが他の翻訳機と比べて抜きんでている(選ばれている)のは、双方向通訳の対応言語数が一番多く、画面サイズが大きい、翻訳精度が高い、面倒なSIM設定が必要ない、という点です。

ポケトークWの利用者拡大中

ポケトークWは17年12月に発売された初代ポケトークの2代目、18年9月に発売になりました。

液晶画面が大きくなり、タッチパネルで操作性が向上、ブラウザに翻訳結果が表示できるので、後から確認することもできます。

最近では、外国人観光客が増えた観光地やお店で、コミュニケーションをとるために導入されていますね。

JR東海道新幹線全17駅で導入され、改札や切符売り場、ホームで接客する係員が携帯することになったというニュースもありました。

翻訳機として、一人英会話で語学習得、海外旅行一人旅など様々な使い方が広がっているポケトークです。

まとめ

まだまだ改善の余地があるとはいえ、ポケトークWは使える通訳機として、欠品が続くほどの人気ぶりです。

外国人労働者の受け入れ拡大する改正出入国管理法も成立し、外国人もこれから増えていくと思われるので、企業単位での使用も増えていくかもしれません。

この先の需要が見込まれるポケトークW、オリンピックにも活躍しそうです。ぜひあなたも一度手に取ってみてくださいね。