イチゴ鼻を解消するには毛穴タイプ別で対策!ワセリンも効果的です

コスメ(美容品)

最近、午後になって鏡を見るのが嫌になってきました。鼻の黒ずみが気になるのです。いわゆる「いちご鼻」です。

毛穴に詰まった汚れや皮脂が角質になり、酸化して黒くなっているのです。鏡を見るとつい押し出してしまいたくなります。

毎日洗顔してるのに、どうして「いちご鼻」になってしまうんでしょう?

でも…毛穴って、体中にあるものです。「いちごほっぺ」とか「いちごあご」とかって聞いたことないですよ???

毛穴タイプと対策を確認してみましょう。

毛穴タイプ

汚れ詰まり毛穴

毛穴に皮脂や汚れが詰まり、角栓になる毛穴です。ざらざらした感じで、押すとにゅっと白い角栓が取れるのですが、取ってしまったら「開き毛穴」になってしまうことも。

洗顔のし過ぎ、汚れが残っている、保湿不十分による乾燥などが原因です。

汚れ詰まり毛穴の対策

はがすタイプの毛穴パック、スクラブ洗顔、ピーリングなど、角栓ケアをすれば、その時はきれいになるかもしれません。

けれど、必要な角質まで剥ぎ取られ、毛穴の中に雑菌が繁殖しやすくなり、ニキビの原因にもなりかねません。

優しく丁寧に、皮脂の汚れをきちんと落とすこと、これにつきます。蒸しタオルを毛穴の気になる部分にあてるだけでも、毛穴が広がり、汚れが落としやすくなります。

うぶ毛毛穴

角栓ではなく、埋もれたうぶ毛が原因で、毛穴が黒く見えることもあります。

うぶ毛毛穴の対策

1本1本抜いても、生えなくなるわけではなく、簡単なのはうぶ毛を剃ること。

けれど、角質も剥ぎ取って、肌荒れの原因になったり、化粧品でかぶれてしまうことも。

肌を清潔にしたあと、乳液かクリームを塗り、毛の流れと同じ方向に剃ります。剃った後は念入りに保湿しましょう。

こんにゃくスポンジは、うぶ毛を絡めとるので、定期的な使用もお勧めです。

お湯につけて柔らかくしたあと、たっぷりと水を含ませて、力を入れずに優しく撫でるように、くるくる円を描くようにして洗うだけで、古い角質を落としてくれます。

たるみ毛穴

加齢や日焼けのダメージで、真皮にあるコラーゲンやエラスチンが減少し、肌のハリがなくなることで、毛穴が楕円形に広がります。

肌の乾燥が進むと、開いた毛穴が連結して、シワのように見えることもあります。

たるみ毛穴の対策

加齢は仕方がないので、これからは紫外線を避け、屋内でも日焼け止めを塗りましょう。肌の酸化を抑える「アスタキサンチン」や「ビタミンC誘導体」の入った化粧品を使うのもお勧めです。

顔のストレッチ(あいうえお、を大げさに口を動かして言う)、舌回しストレッチ(唇を閉じて歯の周りを舌で回す)など表情筋を動かすのも、たるみ防止に効果的です。

イチゴ鼻を解消するには

イチゴ鼻は、肌への刺激が1番の原因です。きちんと汚れを落とす、保湿力の高い化粧品を選ぶ、これにつきます。

毛穴はなくならないけれど、汚れがずーっと毛穴に残って蓄積されることもありません。 「取れては詰まる」を繰り返しているのです。

ワセリンで角栓を取るという方法を見つけ、さっそく買ってきました。
ワセリンを鼻に塗って15~20分くらい放置して洗顔すれば、角栓が溶けて取れるのです。

効果はあるのですが、一時的なものです。たまにすっきりするにはいい方法かもしれません。

毛穴を目立たなくさせる、つまり毛穴が閉じていればいいんです。そのためには乾燥させない基本的なスキンケアと、紫外線対策です。

自分の肌は一生のお付き合い、正しい毛穴ケアで、美肌を目指しましょう。

コメント